平成27年度 製鉄記念室蘭病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 823 163 304 377 377 494 1422 1878 1259 246
当院は西胆振医療圏(室蘭市、登別市、伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町)における急性期医療を担っており、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しています。
西胆振は高齢化率が高い地域であることから、60代~80代の患者様が多く、全症例数の65.5%を占めています。
また、周産期医療にも対応しているため、新生児を中心として0~9歳の割合が11.2%を占めています。
※周産期:妊娠22週~産後7日間までの期間
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 169 3.8 3.1 1.8% 68.4
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 125 21.5 18.3 17.6% 83.0
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 104 7.0 4.9 0% 68.8
【解説】
循環器内科は、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や心不全、不整脈、弁膜症、大動脈疾患、先天性心疾患等の心血管疾患全般、腎疾患および高血圧、糖尿病、高脂血症等の生活習慣病を主な専門領域に診療を行っております。また管内では唯一、心臓カテーテル検査及びカテーテル治療が24時間体制で可能な施設として特に救急、急性期診療に注力しています。このため、虚血性心疾患や心不全の患者数が上位を占めております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 3.0 3.3 0% 71.5
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 97 12.2 14.3 13.4% 73.9
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 85 20.1 20.7 8.2% 72.1
【解説】
呼吸器内科は肺がんや気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺炎などの呼吸器感染症を主として呼吸器疾患全般の診断と治療を行っております。自施設でPET-CT検査と放射線治療が可能となってからは特に肺がん診療に力を入れており患者数も多くなっております。
また、当地域は住民の高齢化が進んでいるため、誤嚥性肺炎などの患者さんも日常的に救急搬送されてくるため、患者数が多くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 59 12.4 10.9 3.4% 72.9
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 57 16.7 17.7 0% 70.0
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 6.6 10.1 7.0% 72.6
【解説】
当院の消化器内科は、特に「がん」の診断、治療に高い専門性を有しています。胃がんや大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなどの消化器系の「がん」だけでなく血液系の悪性疾患である白血病や悪性リンパ腫等にも対応しています。もちろん慢性肝炎や炎症性腸疾患などの腹部良性疾患や貧血をはじめとする各種血液疾患、救急対応が必要な腹部急性疾患にも対応しています。診断群分類別患者数では非ホジキンリンパ腫の患者数が上位に位置しており特徴的になっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 326 6.4 6.2 0% 0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 64 3.9 5.7 0% 2.8
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 64 3.4 6.3 0% 3.6
【解説】
小児科では、出生直後の新生児から中学生までの子供を診療しています。高い専門性が必要な疾病については、大学病院との連携により定期的な専門外来を設けて対応しております。患者数は出生時の低体重に関連する患者が最も多くなっており、次いで肺炎や気管支炎、気管支喘息などの呼吸器疾患が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 74 12.0 13.1 2.7% 69.9
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 49 18.8 17.4 2.0% 70.8
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 42 6.3 7.0 0% 63.9
【解説】
当院の外科は消化器外科と呼吸器外科から構成されており、消化器外科では、胃や大腸、肝胆膵領域の癌の手術症例を中心に、虫垂炎や腸閉塞、消化管穿孔、ヘルニア嵌頓などを対象としています。一方、呼吸器外科では肺癌を中心に縦隔腫瘍や気胸、乳癌などの手術症例を対象としています。手術侵襲の小さい腹腔鏡下や胸腔鏡下での手術の割合が多いことも当科の特徴の一つです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 67 3.4 5.7 0% 54.0
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 54 19.0 23.3 0% 67.1
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 43 12.1 17.6 0% 49.6
【解説】
整形外科では、主に脊椎や上肢、下肢の病気やけがを対象としております。当院では脊椎脊髄センターを開設し、特に脊椎変形や脊椎靭帯骨化症などの低侵襲手術に力を入れていることから骨折などの外傷のほか、脊柱管狭窄症などの変性疾患の手術症例も多くなっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 51 14.6 16.7 3.9% 78.1
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 17 16.9 23.1 5.9% 63.6
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 15 22.1 25.7 0% 72.9
【解説】
心臓血管外科では心臓や大動脈、末梢動脈、静脈、リンパ管など、頭蓋外のすべての脈管診療を行っております。緊急手術が必要とされる急性大動脈解離や大動脈瘤切迫破裂などにも24時間、迅速に対応できるように体制を整えています。症例数では腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の症例が最も多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - - - -
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 44 6.4 8.0 0% 75
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 30 7.9 5.9 0% 59.1
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 22 8.6 12.6 18.2% 67.9
【解説】
泌尿器科では、悪性腫瘍に対する経尿道的手術の症例が最も多くなっております。
次いで、尿管鏡を直接尿管や腎盂内に進め、レーザーにより砕石する尿路結石除去術の症例、高齢者の急性腎盂腎炎の症例と続いております。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 89 45.7 20.9 1.1% 29.4
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 57 9.0 9.6 0% 32.2
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし 22 5.1 4.8 0% 28.6
【解説】
産科では、正常分娩以外の症例を集計しております。切迫早産に対する入院事例が多く、次いで帝王切開の症例が多くなっております。 分娩数はこの表には掲載されておりませんが、年間500件を超えておりその影響で帝王切開や早産・切迫早産という分娩に関する症例が多くなっております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120140xxxxxxxx 流産 58 1.5 2.3 0% 31.6
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 31 9.3 10.2 0% 45.2
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 23 6.0 6.5 0% 38.9
【解説】
婦人科では、流産の症例が一番多くなっており、手術など実施・未実施ともにここに集計されております。次いで、子宮の良性腫瘍で子宮筋腫などにより腹腔鏡下にて子宮を摘出した症例、 そして卵巣の良性腫瘍の部分切除術と続いております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 64 15 16 26 26 24 1 7
大腸癌 31 27 44 28 40 25 1 7
乳癌 17 33 22 - - 10 1 7
肺癌 69 21 51 79 113 115 1 7
肝癌 - - 10 - 17 18 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度(T)②所属リンパ節への転移状況(N) ③遠隔転移の有無(M)の3つの要素によって 各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期) の 4病期(ステージ)に分類するものです。
5大癌とされている、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌について初期癌(StageⅠ)から進行癌(StageⅣ)まで幅広い病期を診療していることが分かります。
胃癌・大腸癌については、他の癌に比べ健康診断にが広く行われている事より早期発見することが可能になっております。
早期癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離)治療など、西胆振圏内で最も多い内視鏡治療を積極的に行っています。
乳癌については、当院でも乳癌検診・マンモグラフィーを行っており、早期発見・早期治療が可能となっております。現在は病状により、乳腺を部分的に摘出する乳房温存手術も可能です。
肺癌については、当院で最も患者数が多く、呼吸器内科による内科的治療と呼吸器外科による外科的治療が可能となっております。
肝癌については、治療後に局所再発することが多い癌であり、当院では、早くからRFAを導入しており良好な治療成績が得られています。
ステージ4の患者数の割合が比較的多くなっていますが,これは1人の患者さんが抗癌剤治療などで複数回入院された場合は,それぞれを集計しているためで,実数としてはそれほど多くはありません。
肺がんおよび乳癌で「不明」の数が多くなっていますが,これは確定診断のため組織採取を目的とした入院で,病理診断の結果が退院後になることから,不明として集計されます。
初発(初めて癌が見つかり治療を行った場合)と再発(一度軽快または寛解した癌が再度見つかり治療を行った場合)は,重複しておりません。
集計データを見てみますと,胃癌と乳癌で早期(ステージⅠ)に治療を開始している割合が比較的多くなっていますが,これは他の癌種に比べてが広く行われている結果と思われます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 25 14.2 61.9
重症度 1 34 9.8 74.0
重症度 2 24 12.1 79.6
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
患者数が最も多いのは重症度1の患者様であり、高齢になるほど重症度が高くなる傾向にあります。
※厚生労働省により定められた公開条件に従い、症例数が10名未満の項目は【-】と表記しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
※全項目の症例数が10名未満のため、厚生労働省により定められた公開条件に従い、全項目で【-】と表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 100 4.9 4.2 1.0% 69.9
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 50 0.1 16.8 2.0% 64.2
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 30 0.1 20.5 6.7% 67.6
【解説】
当院は地域の急性期基幹病院として、急性心筋梗塞・不安定狭心症・心不全等に24時間体制で対応できる体制を整えております。  循環器内科での手術件数上位は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)となっております。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K386 気管切開術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6182 中心静脈栄養用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 85 1.9 16.6 12.9% 76.3
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 58 3.3 16.1 5.2% 69.6
K654 内視鏡的消化管止血術 54 1.2 12.4 9.3% 68.9
【解説】
消化器内科での手術件数は内視鏡を使用した手術が多く、良性胆管狭窄、閉塞性黄疸等の治療の為、内視鏡的胆道ステント留置術の件数が増えており、 西胆振圏内で最も多くの内視鏡治療を行っています。次いで、化学療法を行うためのCVポート設置の手術が多くなっております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 18 0 11.6 0% 0
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
【解説】
小児科は出生直後何らかの原因で呼吸循環不全になり、低酸素血症等の状態が続く新生児に対し蘇生術を行う症例が上位となります。新生児仮死に対しては救命の為、速やかに低酸素状態を改善するべく蘇生措置を施す必要があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 1.3 4.4 0% 65.2
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 51 1.4 1.4 5.9% 69.1
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 44 1.1 12.8 4.6% 70.4
【解説】
外科では腹腔鏡下手術を多数行っております。中でも胆嚢・胆管やヘルニア等の治療を多く実施しています。
悪性腫瘍に対する手術についても腹腔鏡下手術等、積極的に取り組んでおり、身体への負担軽減と術後日数の短縮に繋がっております。当院では原発性肺癌、転移性肺腫瘍に対する胸腔鏡手術に注力しており、従来の手術に比べ傷が小さく済むため、短期間での退院を可能としています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)後方椎体固定 82 1.8 16.3 1.2% 68.3
K0821 人工関節置換術(膝) 65 1.3 22.1 0% 70.5
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)前方椎体固定 51 4.6 18.3 2.0% 66.0
【解説】
当院整形外科では主に脊椎や上肢、下肢の病気・けがに力を入れております。さらには脊髄脊椎・人工関節センターを開設し、整形外科における北海道のセンター的地位を確立致しました。
最も症例が多い腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症に対しては、最先端の低侵襲手術手技を応用した、安全で皮切や出血量を最小限にした手術治療を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 48 5.0 11.0 8.3% 79.3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 22 2.5 15.8 4.6% 71.8
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 20 4.9 18.2 5.0% 72.3
【解説】
心臓血管外科では、緊急手術が必要とされる急性大動脈解離など24時間救急対応可能な体制を整えております。手術としては大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の症例数がもっとも多く、手術による切開部を小さくすることで、身体にかかる負担を極めて少なくし短期間での退院を可能としています。
次いで、下肢閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術といったカテーテル治療の症例数が多くなっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 129 1 1 0% 76.9
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
【解説】
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が大多数を占めています。日帰り入院による手術も行っており、安全な白内障手術を提供しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 58 2.1 3.8 0% 75.2
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 30 3.8 3.0 0% 59.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 0.4 10.9 23.1% 71.9
【解説】
泌尿器科では、膀胱の悪性腫瘍に対する膀胱悪性腫瘍手術が最も多く、高周波電気メスでがんを切除します。 切除した組織を検査に提出し、悪性度や根の深さを判定します。 次いで多いのが、腎結石症、腎盂結石症又は尿管結石症に対して経尿道的に内視鏡を挿入し、レーザー等により結石を破砕する経尿道的尿路結石除去術が多い症例になっております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 65 11.2 7.0 0% 32.1
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 28 3.1 7.4 3.6% 30.6
K893 吸引娩出術 - - - - -
【解説】
産婦人科では、最も多い症例は子宮切開によって胎児を取り出す帝王切開手術を行った入院が上位になっております。 帝王切開術は、あらかじめ日時を決めて行う選択帝王切開の他にも、分娩中に緊急事態が発生したために行う緊急帝王切開も行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 56 0.5 0 0% 31.7
K877 子宮全摘術 35 1.2 7.3 0% 47.6
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 26 0.9 4 0% 37.6
【解説】
婦人科では、流産手術が最も多く、次いで子宮筋腫や子宮内膜症等に対する子宮摘出術を最も多く行っております。 積極的に腹腔鏡下手術を施行しており、開腹による手術に比べ入院期間の短縮につながっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 20 0.3%
180010 敗血症 同一 36 0.5%
異なる 55 0.8%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 30 0.4%
異なる - -
当院は平成26年度厚生労働省DPC対象病院データ集計(以下、厚労省データ)と比較し、【播種性血管内凝固症候群(厚労省データ:0.17%)】と【敗血症(厚労省データ:0.56%)】の発症率が高くなっています。この理由としては、地域医療を担う急性期病院として重篤な患者様や緊急を要する患者様の診療を多く行っていることが挙げられます。
 【手術・処置等の合併症の発症率(厚労省データ:0.70%)】は入院契機とDPC病名が同一である症例が多く、手術・処置等の合併症の治療(透析シャント機能低下、人工関節のゆるみ等)を目的として入院される患者様が大半を占めています。
※厚生労働省により定められた公開条件に従い、症例数が10名未満の項目は【-】と表記しています。
※入院契機となった病名と、傷病名は必ずしも同一とはなりません。入院契機が【異なる】の症例数は、他の疾患が原因で入院した患者様を示しています。
更新履歴
2016/9/27
『製鉄記念室蘭病院 平成27年度病院指標』を公開しました。