認定看護師一覧

6分野の認定看護師(緩和ケア・感染管理・がん化学療法・集中ケア・皮膚 排泄ケア・認知症看護)で活動を行っています。認定看護師は『実践、指導、相談の役割を果たし、看護ケアの広がりと質の向上に寄与)

「緩和ケア認定看護師」青郷看護師

緩和ケアは、がん治療に関わらずがんと診断された時から必要だと言われています。また、がん以外の病気でも体と心の辛さを和らげ、より豊かでその人らしい人生を応援していく関わりをしていきたいと考えています。

 

 

 

「感染管理認定看護師」平井看護師

在宅から急性期まで、全ての医療関連施設を利用する患者・家族・訪問者はもちろん、現場で働く全ての人を感染源から守ることが感染管理認定看護師の役割です。感染症の有無に関わらず病院内の全ての部署に定期的に顔を出していますので、見かけた際は気軽にお声掛けください。

 

 

 

「がん化学療法認定看護師」蒲原看護師

点滴に限らず、経口抗がん薬で治療する患者さんにも薬剤師と一緒に対応しています。治療後でも不安や疑問がある方には緩和ケア認定看護師と共に、がん看護外来を開設し患者さんやご家族のケアにあたります。あらゆるがん薬物療法を受ける患者さんとご家族が安心して療養生活が送れるよう支援していきます。

 

 

「集中ケア認定看護師」三浦看護師

大手術後や重症な患者さんを対象としています。病態の変化を予測し重篤化の回避、後遺症なく回復できるように、リハビリテーションも含めた全身管理に特化した分野です。「苦痛の緩和」を重要視し、ご家族の精神的なケアも含め根拠に基づく看護ケアが24時間提供できるように心がけております。

 

 

 

「皮膚 排泄ケア認定看護師」 小野看護師 佐藤看護師

入院されるすべての患者様の褥瘡発生リスク評価を行い、褥瘡予防や対策、スキンケア方法を病棟看護師や患者様、家族に指導しています。ストーマ外来ではケア方法や皮膚状態の確認を定期的に受診してもらい行っています。ストーマ管理などで困ったことがあればご相談ください。また入院中にできた褥瘡や傷の処置などで退院後にわからないこと、困ったことがあればご相談ください。

 

 

「認知症看護認定看護師」 土田看護師

治療や検査を受ける患者さんとそのご家族が安心して入院できるよう支援することが役割です。入院前の生活を考えて、自宅と病院の生活の落差を最小限にできるよう支援します。医師やソーシャルワーカーなど多職種の認知症ケアチームを立ち上げ、各病棟をラウンドしています。様々な視点で患者さんやご家族、スタッフのサポートも行っています。