医療機関の方へ

(最終更新日:2024/4/10)

・今月( 4 月)の連携ニュース   ・連携実績   ・紹介予約について

・地域医療連携室のご案内     ・過去の連携ニュース

今月( 4 月)の連携ニュース

放 射 線 科
ドクターメッセージ
良い治療は良い検査から
高精細で迅速・安心・安全な画像診断
西胆振唯一IVR専門医による画像下治療
放射線科 科長
湯浅 憲章(ゆあさ のりあき)
北海道大学 平成 8 年卒
【認定医など】
放射線学会診断専門医・IVR学会専門医
腹部救急医学会認定医・核医学会 PET核医学認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
死亡時画像診断(Ai)研修会修了
IVR学会主催経皮凍結療法講習会修了

当科の紹介

当院放射線科は常勤医1名が画像診断(CTとMRI)とインターベンショナルラジオロジー(IVR:画像下治療)を担当しており、脳・脊椎・心臓MRI、PET-CTなど核医学検査など専門性が高い領域は北海道大学画像診断学教室の専門医に遠隔画像診断や出張で、放射線治療に関しても同放射線治療学教室の専門医に出張で支援をいただいております。

① 画像診断

良い治療は良い検査(→画像→診断)から」と言われますように、当院ではCTは320 列および80 列、MRIも3T (西胆振地区では当院のみ)と1.5Tと各2台体制で、超音波も最新機器3台で (当院放射線技師7名が学会認定超音波検査士)、PET-CTなども施行しております。特にCTは2020年度以降導入のもので従来と比較し被曝低減や金属アーチファクト低減などにより画質も向上、さらに高速でCT透視も可能でRFA、ドレナージ、生検などIVRにも有効利用しております。

② IVR(画像下治療)

IVR(画像下治療)はX線透視、CT、超音波などで確認しながら 局所麻酔下でボールペン先程度の細いカテーテルや針などで検査や治療を行います。そのため 傷も極めて小さく殆ど残らず低侵襲ゆえ 入院期間も短いなど利点があります。
当院では、日本IVR学会専門医 および学会認定看護師常勤で在籍 し、同学会の専門修練施設にも認定(胆振地域では当院のみ)され、各種IVRを積極的に施行しております。肝癌(原発のみならず転移にも)に対する局所治療としてラジオ波焼灼術(RFA)肝マイクロ波焼灼術(MWA)、さらに進行肝癌に対しても経カテーテル的動脈塞栓術(TACE) 動注療法、その他にも 経皮的な腫瘍生検および膿瘍ドレナージ、出血症例(術後出血,喀血,血尿,腫瘍破裂,外傷,産科出血など)に対する止血目的での緊急動脈塞栓術(TAE)なども行っております。

 

 

新しい話題として、前述のRFAは、従来は肝癌のみ保険適応でしたが、 低侵襲で根治性が高い利点から、一昨年2022年9月より 肺、腎、骨軟部、骨盤内悪性腫瘍などへも適応拡大となりました。 転移性骨腫瘍に対する疼痛など緩和治療にも有用と報告されております。当院も標準治療困難な肺癌に対して治療を開始しております。今後とも地域医療に貢献させていただく所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

N E W S 新任常勤医師19名、新研修医15名が着任

常勤医師増員となり診療機能がさらに充実いたします。

※血液内科・整形外科・耳鼻咽喉科・産婦人科で各1名増員です。
(産婦人科は今後さらに1名増員予定です。)

※専門分野など詳しい医師紹介は後日発⾏予定の
診療ガイドブック2024』でご紹介いたします。

新しく初期研修医1年次基幹型14名と2年次協力型1名を迎えました。
研修医全体では昨年度より4名増の計28名となり、道内でもトップクラスの規模となります。

連携実績

2023年度 紹介・逆紹介・受託検査件数(直近3年間)

 

2023年度 紹介・逆紹介・受託検査件数(診療科別)

 

紹介予約について

紹介患者さんの外来診療予約について

当院では、地域医療連携推進の一層の実効を図るため、
紹介患者さんのFAXによる「受診予約・検査予約」を行っています。

予約方法

① 「受診予約申込票(診療情報提供書)」、「検査予約依頼票」のFAX送信をお願いします。
※当院専用の受診申込票がございますが、紹介元医療機関さまで
 ご使用になられている様式でも予約できます。
 診療情報提供書には氏名、フリガナ、生年月日、性別、住所、電話番号、
 受診希望日、保険情報を明記していただきますようお願いいたします。
※当院専用の受診予約申込票・検査予約依頼票は、当院ホームページの
「診療科・部門・センター」/「地域医療連携室」/「紹介予約について」からダウンロードできます。

② 折り返し「受診予約受付票」、「検査予約受付票」をFAX送信いたします。
※ご希望の日時で予約をお取出来ない場合や、返答にお時間がかかる場合にはご連絡いたします。

③ 患者さんには「受診予約票(受診者用)」、「検査予約票(受診者用)」をお渡しいただき、
 受診日・検査日に当院受付へ提示くださるようお伝えください。

 お問い合わせ先 地域医療連携室

専用FAX 0143-47-4305

直通TEL 0143-47-4304

夜間・休日の救急対応につきましては下記専用ダイヤルまでお願いします。
救急専用ダイヤル 0143-47-0990

 

 「受診予約申込票」「各種検査予約依頼票」がダウンロードできます

受診予約申込票 PDF:228KB Excel:37KB
各種検査予約依頼票 PDF:198KB Excel:87KB
造影CT・MRI検査依頼票 PDF:185KB Excel:84KB
経食道超音波・トレッドミル検査依頼票 PDF:151KB Excel:54KB
消化器内視鏡検査依頼票 PDF:151KB Excel : 101KB
胃内視鏡説明書・同意書 PDF : 158KB Word : 18KB
大腸内視鏡説明書・同意書 PDF : 144KB Word : 19KB

 

「PET-CT検査依頼票」「PET-CT検査の注意事項等」がダウンロードできます

PET-CT検査依頼票 PDF:167KB Excel:83KB
検査の流れ及び注意事項等     PDF:733KB

 

地域医療連携室のご案内

地域医療連携室では、地域の先生方と当院の連携窓口として、
主に前方連携に関する業務を担当しております。
具体的には、ご紹介いただく患者さんがスムーズに受診できるよう事前調整を行う
「事前外来予約」や、「受託検査予約」、「セカンドオピニオン」に関してのご相談、
ご予約なども行っております。

<業務の内容>
1.外来診療の事前手続き
2.放射線科・内視鏡室・臨床検査科等への検査予約
3.症状の安定した患者さんを地域の先生に紹介(逆紹介)
4.セカンドオピニオンの相談・予約窓口
5.地域医療ネットワーク『スワンネット』申込み窓口 (スワンネット北海道について)

 

受付時間 平日 9:00~17:00
TEL直通 0143-47-4304
FAX①専用 0143-47-4305
FAX②専用 0143-48-2129
担当 笹井、篠川、笠井、鈴木