(最終更新日:2021/10/5)

・今月( 9 月)の連携ニュース   ・連携実績   ・紹介予約について

・地域医療連携課のご案内      ・過去の連携ニュース

今月( 10 月)の連携ニュース

ドクターメッセージ 胆膵内科 膵がん早期発見に 「膵臓ドック」のご活用を!
 胆膵内科 科長 小野 道洋 (おの みちひろ) 札幌医科大学 平成 15 年卒  【認定医など】 医学博士、内科学会認定内科医・総合内科専門医、 消化器病学会専門医・北海道支部評議員、 胆道学会認定指導医、消化器内視鏡学会専門医・指導医・北海道支部評議員
胆膵内科のご紹介

2020年4月に、膵臓・胆のうを専門に扱う胆膵内科が開設されました。 頻度が高い疾患は胆石・胆嚢炎、胆管炎、黄疸などの良性疾患ですが、胆膵領域のがんも高齢化に伴い増加傾向にあり、診断から治療まで、常に最先端の知識・戦略を取り入れ、外科・放射線科と連携を取りながら診療しています。

膵がんの統計

膵臓がんと新たに診断される人数は、男性では1年間に10万人あたり約29.1人、女性では1年間に10万人あたり約25.5人と、やや男性に多い傾向があります。年齢別では、60歳ごろから増え、高齢になるほど多くなります。

膵がんの死亡率は増加の 一途を辿っており、日本 のがんの死因で第4位と なっています。様々なが んの中でも難治性のがん として知られており、 5年生存率は7~8%です。予後不良の要因の一 つとして、早期発見が困 難なことが挙げられ、 がんの70~80%が発見時 に切除不能といわれてい ます。

 
膵がん早期発見のために

膵がんの診断のためには超音波内視鏡 (EUS)や内視鏡的逆行性胆管膵管造 影検査(ERCP)が有用ですが、これら は侵襲のある検査であり、スクリーニ ングには適しません。早期発見には、 侵襲の少ない超音波検査を広く行うこ とが大切です。それには、近隣住民の 方々に信頼されている開業医の皆さん のご協力が必要不可欠です。

 
膵がんのリスク

膵がんのリスクとして、喫煙、飲酒、 膵がんの家族歴、糖尿病、肥満、膵 嚢胞、慢性膵炎、IPMN(膵管内乳頭 粘液性腫瘍)があげられます。 右表に示す膵がんのリスクが2つ以上 ある患者さんには、超音波検査をお勧 めください。その上で、膵嚢胞あるい は膵管拡張が発見された場合には、 例え微細な所見であったとしてもかま いませんので、当院胆膵内科にご紹介 いただけますと幸いです。

膵臓ドックのご案内

当院では下記内容にて膵臓ドックを行っております。 膵がんの早期発見のために、膵臓ドックをご紹介いただけますと幸いです。

 
NEWS 1 室蘭民報 合同連載企画 がん治療の今2021「緩和ケア」記事掲載

当院でがん治療に携わる専門医、看護師らが、がん診療に 関する最新の情報や、地域におけるがん診療の状況を、 わかりやすく解説しています。 今回、第19回は、緩和ケア課長の青郷緩和ケア認定看護師 が「緩和ケア」について執筆しました。当院の緩和ケア外 来やがん相談支援センター、がんサロンについて紹介して います。今後も、掲載は継続の予定ですので、ご紹介時等 の参考にしていただけますと幸いです。

 

掲載日:2021年9月23日(木) 掲載誌:室蘭民報(日刊)13面

 
NEWS 2 入院患者との面会は オンライン面会をご利用ください

新型コロナウイルス感染症の院内感染防止の観点から、 入院患者さんとの面会を制限させていただいております。 「患者さんと顔を見てお話ししたい」と望まれる方には、 タブレット端末を用いたオンライン面会をお願いしてお ります。

【オンライン面会時間】 平日13:00~15:00のうち10~15分程度(予約制) 【場所】1階ラウンジのオンライン面会専用ブース 【申込方法】平日 代表電話0143-44-4650にて受付

 

連携実績

2021 年度 紹介・逆紹介件数

   

2021 年度 診療科別 紹介・逆紹介件数(月次)

紹介件数  ※ 2020 年度より消化器内科(※1)と血液腫瘍内科(※2)及び、外科・消化器外科(※3)と呼吸器外科(※4)を分離して集計しております。   逆紹介件数 ※ 2020 年度より消化器内科(※1)と血液腫瘍内科(※2)及び、外科・消化器外科(※3)と呼吸器外科(※4)を分離して集計しております。  

 2021 年度 連携医からの受託検査実績

   

紹介予約について

紹介患者さんの外来診療予約について

当院では、地域医療連携推進の一層の実効を図るため、 紹介患者さんのFAXによる「受診予約・検査予約」を行っています。

予約方法

① 「患者紹介状(診療情報提供書)」のFAX送信をお願いします。 ※当院専用の受診申込票がございますが、紹介元医療機関さまで  ご使用になられている様式でも予約できます。  診療情報提供書には氏名、フリガナ、生年月日、性別、住所、電話番号、  受診希望日を明記していただきますようお願いいたします。

② 折り返し「受診予約票」をFAX送信いたします。 ※ご希望の日時で予約をお取出来ない場合や、返答にお時間がかかる場合にはご連絡いたします。

③ 患者さんには「受診予約票(患者さま用)」をお渡しいただき、  受診日に当院受付へ提示くださるようお伝えください。

         

 お問い合わせ先 地域医療連携課

専用FAX 0143-47-4305

直通TEL 0143-47-4304

夜間・休日の救急対応につきましては下記専用ダイヤルまでお願いします。 救急専用ダイヤル 0143-47-0990  

 「受診依頼票」「検査依頼票」がダウンロードできます

受診依頼票 PDF:91KB Excel:48KB
検査依頼票 PDF:85KB Excel:49KB
CT・MRI造影検査依頼票 PDF:79KB Excel:44KB
経食道超音波・トレッドミル依頼票 PDF:84KB Excel:31KB
内視鏡依頼票 PDF:356KB Excel : 42KB
胃内視鏡説明書・同意書    PDF : 158KB Word : 18KB
大腸内視鏡説明書・同意書    PDF : 144KB Word : 19KB
   

「PET-CT検査依頼票」「PET-CT検査の注意事項等」がダウンロードできます

PET-CT検査依頼票 PDF:233KB Excel:37KB
検査の流れ及び注意事項等     PDF:733KB
 

地域医療連携課のご案内

地域医療連携課では、地域の先生方と当院の連携窓口として、 主に前方連携に関する業務を担当しております。 具体的には、ご紹介いただく患者さんがスムーズに受診できるよう事前調整を行う 「事前外来予約」や、「受託検査予約」、「セカンドオピニオン」に関してのご相談、 ご予約なども行っております。

<業務の内容> 1.外来診療の事前手続き 2.放射線科・内視鏡室・臨床検査科等への検査予約 3.症状の安定した患者さんを地域の先生に紹介(逆紹介) 4.セカンドオピニオンの相談・予約窓口 5.地域医療ネットワーク『スワンネット』申込み窓口 (スワンネット北海道について)
 
受付時間 平日 9:00~17:00
TEL直通 0800-800-4304(フリーダイヤル) 0143-47-4304
FAX①専用 0800-800-4305(フリーダイヤル) 0143-47-4305
FAX②専用 0143-48-2129
担当 篠川、佐藤、鈴木(久)