循環器内科 初期臨床研修プログラム

当科は循環器内科を標榜し、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、心不全、不整脈、弁膜症、大動脈疾患、先天性心疾患等の心血管疾患全般を専門的に扱うとともに、腎疾患および高血圧、糖尿病、高脂血症等の生活習慣病も主な守備範囲として診療を行っています。
虚血性心疾患の治療に関しては管内でも有数の件数であり、急性心筋梗塞・急性冠症候群に対する緊急手術となる緊急冠動脈インターベンションも常時緊急で行いうる体制を維持しております。
また、当科は日本内科学会教育関連病院、日本循環器学会循環器専門医研修施設、さらに、北海道の地方都市では数少ない日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設であり、虚血性心疾患治療を始めとする循環器疾患全般に関して多様な症例を経験することが可能です。

循環器内科部長 中村 裕一(指導責任者)

 一般目標(GIO)

患者を主治医として診察し、そこから特異的な問題点を解決していく姿勢を身につける。

 行動目標(SBOs)

(1)基本姿勢・態度

 ・患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立できる。
 ・医療チームの構成員としての役割を理解し、医療・福祉・保健の幅広い職種からなる他のメンバーと協調できる。
 ・患者の問題を把握し、問題解決型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。
 ・患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参画できる。
 ・チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な症例呈示と意見交換を行うことができる。
 ・医療の持つ社会的側面を理解し、社会に貢献できる。

(2)基本的な臨床能力(知識、技能、情報収集能力、総合判断力など)

 ・バイタルサインの把握ができる。
 ・問診から始まる治療の順序に沿って臨床実践ができる。
 ・ライン確保など、緊急の初期治療に必要な手技ができる。
 ・カルテ記載、書類の記載など、専門家としての立場で記述できる。
 ・患者の問題点など、上級医などに適確に報告できる。
 ・医療用モニターの測定値などが正しく評価できる。
 ・緊急性のある事柄について、素早く反応できる。
 ・各種薬剤(使用薬剤)の適量・副作用などを理解し、間違いのない使用ができる。

 研修の方針(LS)

(1)病棟回診

 ・基本的に、研修医も担当患者の主治医となる。
 ・基本的なベッドサイドでの処置を指導医の監視下で経験する。
 ・コメディカルスタッフにわかりやすい的確な表現でコミュニケーションをとる。
 ・自分の能力レベルを把握し、上級医等とよく相談して、診療にあたる。
 ・循環器内科のすべてのスタッフの動きをみて、最重要な仕事を察知する。
 ・データや画像などをいち早く評価し、その後の計画を立てる。

(2)心臓カテーテル検査

 ・清潔操作を経験し、カテーテル手技の基本を修得する。

(3)外来診療

 ・研修2年次以降は、指導医の監視の下、週1回の外来診療を行う。

(4)カンファレンス、勉強会など

 ・担当した疾患について、指導医とのディスカッションを行う。
 ・診療チーム毎のチームディスカッションや毎週原則全指導医参加の診療科カンファレンスを行い、理解を深める。
 ・学会発表、院外での講演会や勉強会にも参加する。

 評価方法(Ev)

病院が定める規程による。(2020年度よりEPOC2を使用)