整形外科 初期臨床研修プログラム

高齢化社会の加速に伴い、骨粗鬆症性の骨折や変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症なども増加し、需要は高まっています。
もちろん、薬物療法やリハビリなどの保存療法を選択することもありますが、ADLをより良く保つためには手術療法も必要です。
変形性関節症や、関節リウマチで変形した膝関節・股関節には、人工関節置換術を行うことで、目覚ましい改善がみられます。
個々の患者さんの変形の程度に応じて、可能な限り筋肉を温存した傷の小さな手術としています。
上肢・下肢の骨折を中心に幅広い外傷に対応でき、スポーツ外傷の前十字靭帯損傷や半月板損傷には関節鏡手術を行っています。
外傷は、どの病院、どの科に進もうとも、当直などを考えると最低限の対応は必要です。
救急科での初期対応を含めて勉強になると思います。ぜひ、見学に来て下さい。

整形外科部長 安藤 亮(指導責任者)

 一般目標(GIO)

患者を直接診察・診断するのみにとどまらず、病を持った患者の人間性、心情や患者を取り巻く社会環境を一人の人間として理解し、良好な医師―患者関係の構築やインフォームド・コンセントの形成について学ぶ。また、運動器障害によるQuality of life低下の様式と臨床経過を理解し、高齢者の増加と共に年々高まる運動器疾患治療の重要性について認識を高める。

 行動目標(SBOs)

  1. 運動器疾患に必要な解剖、生理を理解する。
  2. 運動器疾患の正確な診断を行うための基本的な手技を修得する。
  3. 主訴、現病歴、既往歴などを正確に聴取し、カルテに記載できるようにする。
  4. 的確な検査指示を出し、その所見を正確に判断できる。
  5. 以上のような情報をもとに診断し、治療方針を考え示すことができる。
  6. 救急患者の重症度を把握し指導医に報告できるようにする。
  7. 手術患者のリスクを把握し適切な周術期の管理ができる。
  8. 手術に参加し整形外科手術の基本的手技を修得する。
  9. 運動器疾患の初期治療を修得する。
  10. 臨床的疑問点を見出し自ら探求する能力を身につける。
  11. チーム医療を理解し他の職種とも協力して診療する。

 研修の方針(LS)

・実際の研修現場では、診療グループとして担当患者を持ち、診断・治療の全般に指導医の管理のもと主導的に関わる。
・執刀可能な手術や検査については、指導医との打ち合わせのもと、可能な範囲で積極的に行うこととする。

 評価方法(Ev)

病院が定める規程による。(2020年度よりEPOC2を使用)