がん治療の今, 2021「第 17 回(膀胱がん)」
~体の負担を軽減(ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除)~

「がん治療の今 2021 」として、室蘭民報社と当院との合同企画で連載しております。

当院でがん治療に携わる専門医、看護師らが、がん診療に関する最新の情報や
地域におけるがん診療の状況を、わかりやすく解説しています。

今回、第 17 回は、泌尿器科の福多科長が「膀胱がん」について執筆しました。

当院で行っている、「ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除( RARC )」は、
ロボット支援手術の特徴を大きく生かせる手術であり、
患者さんの体の負担軽減につながると考えております。

↑クリックすると拡大できます

掲載日:2021/8/26(木)

掲載誌:室蘭民報(日刊) 12面