仙丸副院長が「ロボット外科学会専門医(国内B級)」に認定

仙丸副院長が、日本ロボット外科学会から道内で8人しかいない「ロボット外科学会専門医(国内B級)」に認定されました。

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いて、直腸がんの治療を多く手掛ける仙丸副院長は、「地域の患者さんに最新の治療を提供できれば」と話しています。

 

 

 

 

 

 

↑クリックすると拡大できます

掲載日:2020/8/4(火)

掲載誌:室蘭民報 (日刊) 15面