来院される患者様への重要なお知らせ
【更新】

2020年7月9日

当院職員(消化器内科医師)1名が新型コロナウイルスに感染したことを6月15日に公表しましたが(6月13日発症、同日PCR検査、翌14日陽性確認)、その後に感染が確認された職員や患者さんはおりません。

室蘭保健所よりご指示のあった濃厚接触者4名に対するPCR検査では、すべての方々の陰性を確認し、基準に従い6月26日に観察期間を既に終了しています。
さらに、万全を期すため、濃厚接触者とは別に、軽微でも接触の可能性が否定できないと考えられる職員、入退院患者さんなど約70名に対しても、病院独自で広範囲にPCR検査を実施しましたが、すべて陰性でした。

これらの結果・経過から判断して、7月1日より、すべての診療科において通常診療を再開しています。また、感染していた医師も退院・就労基準に従い、すでに通常勤務を行っております。
幸いにも、院内感染を起こさずに済んだことは、皆さんのご協力のおかげと感謝申し上げるとともに、当院の院内感染防止対策はしっかりと機能していたとも考えております。

このたびは、患者さんおよび地域の皆さまにご不安、ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
引き続き、今後も、感染防止対策には万全を期して取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

製鉄記念室蘭病院
病院長 前田征洋