産婦人科 後期臨床研修プログラム

産科領域の薬剤処方は胎児、新生児影響、妊娠中の母体変化を考慮します。胎児異常の診断は超音波検査・羊水検査・母体血清マーカーにより行います。 分娩は自然分娩を基本としており、必要により誘発分娩、帝王切開を選択する場合があります。
婦人科領域は悪性腫瘍手術、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、膣式手術の手術分野、性病・膣炎、更年同障害の診断、治療を行っています。
不妊症の領域では、一般検査・治療、子宮鏡下ポリープ・筋腫切除、習慣流産に対する夫リンパ球免疫治療法などが施行可能です。

産婦人科長 恐神 博行(指導責任者)

研修スケジュール
  1. 短期コース(1~3年)・・・専門医資格取得に繋がる専門研修を行う
  2. 資格取得コース・・・学会入会が卒後の場合、卒後6年目で産婦人科専門医を取得する。卒後3年目の学会入会の場合は8年目で専門医資格取得となる。
3 4 5 6 7 8
研修内容 専門的領域の医療技術の習得
研修期間 短期コース(1年) 短期コース(2年) 資格取得コース
取得可能な資格 専門医
(卒後学会入会)
専門医
(3年目学会入会)

研修目標
プライマリケアの研修を基盤として、広範な知識と高度な専門的領域の医療技術の習得により、適切な診断と治療能力を身につけ、産婦人科専門医を取得または取得に必要な研修を行う。
研修目標は下記の一般目標・行動目標とする。

1.一般目標
  1. 女性特有の疾患による救急医療を研修する。 女性特有の疾患に基づく救急医療を的確に鑑別し初期治療を行うための研修を行う。
  2. 女性特有のプライマリケアを研修する。 女性の加齢と性周期に伴うホルモン環境の変化を理解するとともに、それらの失調に起因する諸々の疾患に関する診断と治療を研修する。女性特有の疾患を有する患者を全人的に理解し対応する態度を学ぶことは、リプロダクティブヘルスへの配慮あるいは女性のQOL向上を目指したヘルスケア等、21世紀の医療に対する社会からの要請に応えるものである。
  3. 妊産褥婦ならびに新生児の医療に必要な基本的知識を研修する。 妊娠分娩と産褥期の管理ならびに新生児の医療に必要な基本的知識とともに、育児に必要な母性とその育成を学ぶ。また妊産褥婦に対する投薬の問題、治療や検査をする上での制限等についての特殊性を理解する。
2.行動目標
経験すべき診察法・検査・手技
基本的産婦人科診察能力 (1)問診および病歴の記載
・・・患者との間に良いコミュニケーションを保って問診を行う。
①主訴
②現病歴
③月経歴
④結婚、妊娠、分娩歴
⑤家族歴
⑥既往歴
(2)産婦人科診察法
・・・産婦人科診療に必要な基本的態度・技能を身につける。
①視診(一般的視診および膣鏡診)
②触診(外診、双合診、内診、妊婦のLeopold触診法など)
③直腸診
④穿刺診(Douglas窩穿刺、腹腔穿刺など)
⑤新生児の診察(Apgar score、Silverman scoreその他)
基本的産婦人科臨床検査

・・・産婦人科診療に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、その結果を評価して、患者家族にわかりやすく説明することができる。妊産褥婦に関しては禁忌である検査法・避けた方が望ましい検査法があることを理解する。
(1)婦人科内分泌検査・不妊検査
①基本体温表の診断
②頚管粘液検査
③ホルモン負荷テスト
④各種ホルモン検査
⑤精液検査
(2)妊娠の診断
①妊娠反応
②超音波検査
(3)感染症の検査
①膣分泌物鏡検査(トリコモナス、カンジダ)
②細菌学的検査(クラミジア、淋菌、その他)
(4)細胞診・病理検査
①子宮膣部細胞診
②子宮内膜細胞診
③病理組織生検
(5)超音波検査
①ドプラー法
②断層法(経腹的および経膣的超音波断層法)
(6)放射線学的検査
①骨盤単純X線検査
②骨盤計測(Mart・Guthmann法)
③子宮卵管遺影法
④腎盂遺影
⑤骨盤X線CT検査
⑥骨盤MRI検査
基本的治療法

・・・薬物の作用・副作用・相互作用について理解し、薬物治療ができる。

※特に妊産褥婦ならびに新生児に対する投薬の問題、治療する上での制限等について学ばなければならない。
(1)処方箋の発行
①薬剤の選択と薬容量
②投与上の安全性
(2)注射の施行
①皮内・皮下・筋肉・静脈
(3)副作用の評価ならびに対応、その他
①催奇形性についての知識
②ホルモン剤の特殊性についての知識

経験すべき症状・病態・疾患
・・・研修の最大の目的は、患者の呈する症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断・初期治療を的確に行う能力を会得することにある。
頻度の高い症状 (1)腹痛
(2)腰痛
(3)出血
※産婦人科特有の疾患に基づく腹痛・腰痛が数多く存在するので、それらの病態を理解するように努める。
緊急を要する症状・病態 (1)急性腹症
・・・女性特有の疾患による急性腹症を救急医療として研修することは必須であり、それらの病態を的確に鑑別し初期治療を行える能力を獲得する。
(2)流・早産および正期産
・・・産婦人科研修でしか経験できない経験目標項目である。
経験が求められる疾患・病態(理解すべき基礎的知識を含む) (1)産科関係
①妊娠・分娩・産褥ならびに新生児の生理の理解
②妊娠の検査・診断
③正常妊娠の外来管理
④正常分娩第1期ならびに第2期の管理
⑤正常頭位分娩における児の娩出前後の管理
⑥正常産褥の管理
⑦正常新生児の管理
⑧帝王切開術の経験
⑨流・早産の管理
⑩産科出血に対する応急処置方の理解
(2)婦人科関係
①骨盤内臓器の解剖の理解
②視床下部・下垂体・卵巣系の内分泌調節系の理解
③婦人科良性腫瘍の判断法ならびに治療計画の立案、手術
  への参加
④婦人科悪性腫瘍の診断法の理解(見学)、集学的利用の
  理解、手術の見学
⑤不妊症・内分泌液疾患患者の検査・診断・治療計画の立案
(3)その他
①産婦人科診療に関わる倫理的問題に理解
②母体保護法関連法規の理解
③家族計画の理解