トップページ 》 卒後臨床研修のご案内 》 理念・基本方針
卒後臨床研修のご案内
当院は、2004年に臨床研修指定病院としての指定を受けて以来、臨床研修医に対して日々、臨床指導・教育を行っており、臨床研修医も医師としての研鑽を積んでおります。

当院の臨床研修プログラムにおける理念、基本方針・目標
理念

医師としての基本的な診療能力を習得するのみならず、
社会人としての人格・素養を身につけ、思いやりの心を持って患者と接し、
全人的な医療を行える医師を育成する。

基本方針・目標
1.プライマリ・ケアおよび救急医療に必要な基本的診療能力(態度、知識、技能)を習得する

2.安全で安心な医療を行うため、医療安全管理の方策を理解し、習得する

3.思いやりの心を持って患者およびその家族に向き合い、患者中心の全人的医療を行える、人
  間としても信頼される人格・素養を身につける

4.チーム医療の一員としての役割を理解し、他職種と協調して診療することができるコミュニケー
  ション能力を身につける

5.地域医療の現場を経験し、その役割を理解し、実践できる医師となる

臨床研修指定区分
基幹型臨床研修病院
製鉄記念室蘭病院

当院が協力型病院として参加している卒後臨床研修プログラム
北海道大学病院卒後臨床研修標準プログラム(北海道大学病院)

札幌医科大学附属病院卒後臨床研修標準プログラム(札幌医科大学附属病院)

基幹型相当北里大学病院臨床研修プログラム(北里大学病院)

当院が協力施設として参加している卒後臨床研修プログラム
旭川医科大学病院医師臨床研修プログラム(旭川医科大学病院)


お問い合わせ サイトマップ

Copyright(C)2011 Steel Memorial Muroran Hospital. All Rights Reserved.
文章・写真の無断転載・無断転用を禁じます。