呼吸器内科 初期臨床研修プログラム

呼吸器内科は「呼吸」という生命の最も重要な働きを担う臓器を対象としており、どの臨床分野でも必要とされております。患者管理の基礎である呼吸器機能を学ぶことで、一般臨床医としても呼吸器専門医としても役に立つ知識と経験が得られます。
当科では気管支炎・肺炎・結核などの感染症、肺癌・縦隔腫瘍・胸膜腫瘍などの胸部腫瘍性疾患、気管支喘息などのアレルギー性疾患、間質性肺炎・COPDなどのびまん性肺疾患を診療しています。肺癌診療においては、気管支内視鏡・X線透視下経気管支肺生検・胸部CTガイド下経皮肺生検により早期に診断し、外科手術・化学療法・分子標的治療・放射線治療・緩和治療の中から、患者さん一人ひとりに合った最適な方法を選択し、呼吸器外科・放射線科とチーム医療を行っています。間質性肺炎や慢性肺気腫が進行すると呼吸不全を合併し、日常生活にも支障を伴うようになりますが、当科では在宅酸素療法・呼吸器リハビリでQOLを高めるよう努めています。また、特発性間質性肺炎・膠原病肺などの難病性肺疾患、サルコイドーシス・肺胞蛋白症といった稀な疾患においても、豊富な経験に基づいた診断と治療も提供しています。

呼吸器内科長 田中 康正(指導責任者)


一般目標(GIO)
ともに診療を実践する中で、ガイドライン・エビデンスに基づいた呼吸器診療の基礎を身に付ける。

行動目標(SBOs)
(1)検査法
・動脈血ガス分析、細菌学的検査(痰・胸水など)、呼吸機能検査、気管支鏡検査、画像検査
 (胸部X線写真・CTなど)の選択理由と結果の解釈、それに基づいた臨床診断が可能。

(2)検査・治療手技
・動脈血採血、胸腔穿刺、胸腔ドレナージ、気管支鏡を用いた気管内挿管が可能。

(3)基本的治療法
・代表的な呼吸器疾患に対する薬物療法、酸素療法、人工呼吸器管理(NPPVを含む)の
 治療内容とその選択理由、期待される効果を説明可能。
・呼吸器感染症に対してガイドラインに基づいた初期診療を行うことができる。
・呼吸不全の原因・病態を診断し、酸素療法・人工呼吸管理を適切に行うことができる。
・気管支喘息発作に対して適切な薬物療法・呼吸管理ができる。

研修の方針(LS)
・指導医とともに入院患者・救急患者の診療を行う。
・手術カンファレンス(呼吸器外科と術前・術後症例検討)に参加する。
・肺を診る会(他施設との合同画像読影研修)に参加する。

評価方法(Ev)
病院が定める規程による。