泌尿器科 初期臨床研修プログラム

一般目標(GIO)
泌尿器科疾患患者のプライマリ・ケアが適切に行えるようになるため、泌尿器科領域の基本的臨床能力を修得し、診断、治療における問題解決能力、臨床的技能、重症度・緊急度の判断を身につける。

行動目標(SBOs)
1.泌尿器科的疾患の診断に必要な臨床検査を選択し、腹部・直腸診などの身体診察法、
  手技を身につける。
2.泌尿器科手術の助手・術者として参加し、切開、止血、結紮などの手術基本手技を身に
  つける。
3.手術患者の術前リスク評価を正しく行い、術後の病態をよく理解し、バイタルサイン、
  身体観察、各種臨床検査を正しく解釈し、適切な周術管理を実施することができる。

研修の方針(LS)
1.主治医の指導の下に、受け持ち医として患者の診療にあたり、各々の疾患について知識、
  技術を深める。
2.毎日の回診を主治医とともに行い、身体診察、創傷処置、術後管理、輸液療法を研修し、
  診療カルテに遅滞なく記載する。
3.導尿、カテーテル挿入・抜去、膀胱洗浄、膀胱血腫吸引除去、結石による疼痛管理を理解し、
    実施する。
4.症状の診断に役立つ超音波検査手技を実施する。
5.泌尿器科上級医とともに必要に応じ救急患者の診療にあたり、診断・治療法を研修する。
6.泌尿器科外来の新患患者の診察を経験する。
7.手術に参加し、手術の基本的手技を訓練し、習得する。
8.勉強会での発表を通じ、英文論文の読み方とプレゼンテーション技法を身につける。
9.研修会等に参加し、最新の医学知識を身につける。


評価方法(Ev)
病院が定める規程による。