心臓血管外科

診療体制

(最終更新日:2019/10/15)

 受付時間  8時30分~11時
 診療時間  9時30分~(一部10:00~)
 電話による予約変更  0143-44-4650(病院代表)
午前 赤 坂 多 田 赤 坂
多 田
中津
(10:00~)
小林
(10:00~)

当科紹介

心臓大血管、腹部末梢血管、静脈疾患、リンパ疾患などの診療をいたします。当院は西胆振地区で唯一、心臓血管病の緊急手術が可能な病院です。ICU 4床を有し、年間450例前後の心臓血管手術やカテーテル治療などを行っております。

診療内容

◆急性大動脈解離
激しい胸部や背部、腹部の痛みで発症する大動脈の壁が裂ける病気です。
大動脈解離が発症した部位や形によって、緊急開胸手術、ステントグラフト挿入術、または安静降圧治療が選択されますが、当院ではすべての治療を行います。

          

開胸手術後                      スタンフォードA型急性大動脈解離

 

◆虚血性心疾患手術
心筋梗塞や狭心症と言われる心臓の筋肉に血液が不足する病気です。
循環器内科で行う冠動脈のカテーテル治療と協力して、心筋梗塞や不安定狭心症の治療である冠動脈バイパス手術の他に、心筋梗塞の合併する心室形成術などを行っています。
患者さんの状態によって、人工心肺を使用したり、人工心肺非使用のオフポンプバイパス術を選択しています。

冠動脈バイパス後の3DCT写真

◆弁疾患手術
心臓の出口入口にある弁が狭くなったり、逆流が起きた状態です。
大動脈弁、僧帽弁、三尖弁などに対して修理を行う弁形成術と弁を切除して人工弁に置き換える弁置換術を行います。心房細動などの不整脈を合併するときは、心房内に非電導帯を作成して不整脈を抑制するメイズ手術も行います。

硬化した大動脈弁                                             弁切除後に縫合糸をかける。
この糸に人工弁を縫い付けます。

 

◆成人先天性心疾患
心房中隔欠損症や、小児、幼児期に先天性心疾患の手術をして、成人された後に、新たな手術が必要な時に行います。

 

◆胸部、胸腹部、腹部大動脈瘤
破裂する前は無症状のことが多いが、突然破裂して生命を失なう病気です。
動脈瘤が破裂する前に、ばね付き人工血管であるステントグラフトを
使用した血管内挿術および、胸部や腹部の大動脈に人工血管を縫合する開胸、開腹手術により、すべての動脈瘤の治療を行います。動脈瘤が破裂してしまった緊急症例に対しても可能な限り、速やかに対処します。

腹部大動脈瘤 術前      腹部大動脈瘤 術後

◆末梢動脈手術
糖尿病や血栓によって生じた腹部や下肢の血管閉塞病で歩くと足が痛くなったり、重症例では足が壊死してしまう病気です。バイパス手術や血管形成手術、カテーテル治療などあらゆる方法で治療を行います。

◆透析用シャント作成
透析を導入必要な患者さんに新たに内シャントを作成したり、悪くなったシャントの修復を行います。

◆静脈疾患
静脈瘤をレーザー治療もしくは、抜去術により加療します。外来治療、入院治療双方が可能です。静脈の閉塞や静脈内血栓(エコノミー症候群)などの診療も行います。

◆リンパ浮腫
乳がんや子宮がんの術後にリンパの流れが悪くなって起こるリンパ浮腫に、加療を行います。

 

医師紹介

■赤坂 伸之 (あかさか のぶゆき)

副院長、心臓血管外科長(兼務)、ICU・救急室長(兼務)
旭川医科大学 昭和60年卒
教室:旭川医科大学 外科学講座 心臓大血管外科学分野
専門分野:後天性心疾患、先天性心疾患、大動脈外科
認定医・専門医・指導医等:医学博士、旭川医科大学 臨床指導教授、心臓血管外科専門医 修練指導者、日本外科学会専門医 指導医、胸部ステントグラフト指導医、腹部ステントグラフト実施医、日本外科学会北海道地方会 評議員、日本胸部外科学会 正会員 同北海道地方会 評議員、日本血管外科学会北海道地方会 評議員、日本臨床外科学会北海道地方会 評議員、日本循環器学会北海道地方会 評議員

■多田 裕樹 (ただ ゆうき)

心臓血管外科 医長
旭川医科大学 平成24年卒
教室:旭川医科大学 外科学講座 血管外科学分野
専門分野:心臓血管外科
認定医・専門医・指導医等:日本外科学会外科専門医、腹部ステントグラフト指導医(Excluder,ENDURANT,AORFIX,AFX)
、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

 

■中津 知己 (なかつ ともき)

心臓血管外科 医長
旭川医科大学 平成26年卒

 

 

 

■小林 大太 (こばやし だいた)

心臓血管外科 医長
旭川医科大学 平成27年卒