地域災害拠点病院

~はじめに~

本院は2016年4月に西胆振地区4番目の病院として地域災害拠点病院の指定を受けています。現在、地域災害拠点病院として、DMAT隊を有し、大規模災害対策マニュアル等も整備しています。今後、大規模災害発生時には他の地域災害拠点病院と連携し、この地域での医療救護活動を展開することが期待されています。

地域災害拠点病院とは

災害発生時に災害医療を行う医療機関を支援する病院のことで、多発外傷、挫滅症候群、広範囲熱傷等の災害時に多発する重篤救急患者の救命医療を行うための高度の診療機能を有し、被災地からのとりあえずの重症傷病者の受け入れ機能を有するとともに、傷病者等の受け入れ及び搬出を行う広域搬送への対応機能、自己完結型の医療救護チームの派遣機能、地域の医療機関への応急用資器材の貸し出し機能を有する病院です。

DMATとは

「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略して「DMAT(ディーマット)」と呼ばれています。
医師、看護師、業務調査員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)から活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。

 

災害備蓄用品・設備 地域災害拠点病院としての設備

常時、3日分の食糧や水、医薬品・担架・毛布などを備えています。
また、大規模災害発生時でも診療機能を維持するための、非常用発電機による電源や燃料、水資源を確保しています。

  

 

大災害に備えた訓練

大規模な地震などの災害が起きた場合を想定し、傷病者の重症度・緊急度を考慮したトリアージの訓練や病院長を災害対策本部長とした本部訓練を年に1回、実施しています。

過去の災害訓練

  

大災害を想定して本部・救護所を設置し、医師・看護師だけでなく、情報記録役や搬送役、転院調整役など多数の職員が参加し、トリアージから搬送や問診、レントゲン撮影、入院の申し送りなど実際の対応に即した訓練を定期的に行っています。