脳ドック検診

脳ドックとは

脳ドックとは、MRIを利用した脳の健康診断です。
脳ドックは世界に先駆けて、1988年に日本で開始され、1997年には「脳ドックのガイドライン」が日本脳ドック学会から発表されました。
その後、医療の進歩に伴い、ガイドラインは改定されており、当院の脳ドックも、最新の「脳ドックのガイドライン2019」を参考に検査を行っています。

脳ドックでわかること

脳ドックは、現在の脳の状態を知ることができる検査です。検査では、脳梗塞や脳腫瘍(脳のできもの)などの異常の有無を調べます。また、脳の血管で細くなったり、詰まりかけているところがないかもわかります。
脳の病気で、今でも大変恐い病気の一つが「くも膜下出血」です。この病気の原因となるのが、脳の血管にできた脳動脈瘤ですが、脳ドック検査では、脳動脈瘤の有無も調べます。
脳ドックで、将来の脳の状態を完全に予測することは困難ですが、現在の脳の状態を調べることによって、将来の病気の予防に役立てることが可能です。

脳ドックのお勧め

脳ドックは、一度受診したら一生安心という検診ではありません。
人間ドックと同じように繰り返して検査を受けていただき、以前の検査と比較することも大変重要です。60歳を過ぎましたら、年に一回の脳ドック受診をお勧めします。