トップページ 》 フットケア
フットケア

フットケアとは
フットケア足の健康や、足病変の予防・悪化防止のために、定期的な観察や処置を行うことをフットケアといいます。

 人工透析とフットケア
透析患者さんの中には、下肢の血管に障害のある事が多く、小さな傷から感染を起こし、最悪の場合、足を切断する事もあります。特に糖尿病の患者さんは感染に弱く注意が必要です。

 当院におけるフットケアの取組み
当院のフットケアは看護師が中心に行っております。フットケアは、当院独自のチェックシートを使用し、患者別にリスク分類を行なって、それぞれ1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年毎に行っています(火傷や傷、炎症のある場合は、必要に応じて透析毎に行っています。)1階にフットケア用の処置室があり、透析後や非透析日に足浴・角質ケア・爪切り・患者指導を行っています。また年に1回、ABI(足関節上腕血圧比)を行い異常値の場合、または自覚症状、他覚症状などが見られる場合は、隣接している製鉄記念室蘭病院に紹介状を持ち受診していただいております。

 フットケアってどんなことをするの?


 フットケアでこんな感じに変わります






ケア後






ケア後




 フットケアのポイント





お問い合わせ サイトマップ 本院トップへ

Copyright(C)2011 Steel Memorial Muroran Hospital. All Rights Reserved.
文章・写真の無断転載・無断転用を禁じます。