トップページ 》 透析液清浄化システム : 概要
透析液清浄化システム
当クリニックの透析液清浄化システム 概要
当院では透析を受ける患者さんが、安全で快適に透析治療を受けていただけるように、透析液の清浄化に取り組んでおります。

透析液清浄化の重要性
透析では透析膜(ダイアライザー)を介して大量の透析液と接触します。透析液の中に不純物や有害物質が含まれていると、体内に取り込まれ、発熱や透析アミロイドーシスなどの合併症を助長する可能性があります。これらの合併症を防ぐために、透析液はできる限りきれいにする必要があります。

透析液清浄化により改善が期待される臨床症状
・血清β2MG濃度の低下
・手根管症候群、透析アミロイド症の発症・進行抑制
・慢性微弱炎症の改善
・貧血の改善
・たんぱく代謝、栄養障害の改善、血清アルブミン値の上昇
・酸化ストレスの改善                          などの報告があります。

当クリニックの透析液清浄化目標値
細菌数 エンドトキシン値
透析用水 100CUF/ml未満 0.05EU/ml
透析液 0.1CUF/ml未満 0.001EU/ml
生菌数測定検体量 20ml
測定頻度 透析用水:毎月測定
透析液:1か月で全台を測定
※透析液の水質管理(エンドトキシン・生菌)を徹底し、超純水透析液を目指しております。

透析液清浄化ガイドライン・ISO基準案・JSDT基準案(PDF:30KB)



お問い合わせ サイトマップ 本院トップへ

Copyright(C)2011 Steel Memorial Muroran Hospital. All Rights Reserved.
文章・写真の無断転載・無断転用を禁じます。